トイレの水漏れが起こっても慌てない

トイレの水漏れが起こっても慌てない 水回りは、家の中で特に大切で、頻繁に使っている部分です。家族が多ければ使う回数も高く、水漏れなどをはじめとする、トラブルが発生する確率も高くなります。突然やってくるトラブルに、上手に対応するために、簡単な予備知識があると役に立ちます。修理を依頼する前に、業者をいくつか選定しておいたり、ホームページを使って情報を集めておくこともできます。





■トイレの水漏れが起こりやすい箇所

家の中の水回りは、使っている回数が多いため、比較的消耗が早い部分です。水漏れときくと、蛇口からポタポタ落ちてくる水を想像する人も多いでしょう。ほとんどのトイレのトラブルは、はじめは少量の水が、ポタポタ落ちることから始まります。タンク式のトイレの場合、タンクの中に原因があるケースや、タンクの外から水漏れし、床につたって濡れているケースもあります。
タンクの内部には、いくつかの部品があり消耗しています。目で見て分からないものですが、部品を交換すると問題が解決する場合があります。タンクの外なら、どこからか水がポタポタと落ちていることが多いので、よく見て確認します。パイプの接続部やボルト付近、タンク付近からの水漏れを発見することが多いです。冬なら、パイプ部に結露が発生していてわかりにくいこともあります。一回乾いた布などで水をふき取ってみて、しばらく様子を見てみると、どこから漏れているか突き止めることができます。

■水漏れを予防し、トイレを丁寧に使う
トイレは家族のみんなが毎日使うところなので、日ごろの簡単な掃除やメンテナンスをこまめにすると長持ちします。ちょっとした心がけを行うことが大切です。家の中の水漏れは、急に起こるのではなく、じわじわと気づかないくらいの少量から始まります。初期段階で、室内の異変にすぐ気づけるように、風通しをよくしておくことが大切です。ウォッシュレットタイプや多機能型のものなら、自動で清掃できる機能がついている場合が多いのでそれを活用します。ノズルもつまらないように、時々清掃しましょう。
トイレの便器が割れたり、ひびが入ると、水漏れが発生する可能性が高くなります。トイレの便座にカバーをつけたり、硬いもので傷をつけないように、丁寧に使います。最新のトイレなら、お手入れの方法について、説明書がついていることが多いので、マニュアルを見ておくと良いです。丁寧に使っても、およその寿命が近づけば、リフォームを検討する必要があります。

■業者を選択するポイント

自分で直せない部分は、業者に依頼して修理してもらいます。突然のトラブルに対処できるよう、日ごろから修理の相場や、業者のホームページ、電話番号などを調べておきましょう。
住んでいる地域が大都市の場合、たくさんの業者が見つかります。インターネットで検索すると、地域で利用できる業者の一覧や、さまざまな業者のホームページがヒットします。時間があるなら、いくつかの業者の値段や対応を比較、検討できます。トラブルにどれくらいのスピードで対応できるか、時間外や祝日手当といった、費用がかかるかをチェックしておきます。インターネットで掲載されている値段は、見積もりの一部分という可能性もあるので、全部でどれだけかかるか、修理前に確認します。

■まとめ
トイレに使用されている部品は消耗品が多く、タンク付近を中心に水漏れが発生しやすいです。どこからトラブルが起こっているか、まずは場所を確認します。日ごろから消耗しやすい部分を見極め、掃除をしたり換気をしたりすることも大切です。急を要するような修理が必要な場合は、時間をかけて検討することは難しいです。トラブルが発生する前に、地域で利用できる業者を調べたり、値段の相場を理解しておくと落ち着いて業者選びが出来ます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース